スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲインズ・アセット・マネジメントに業務停止命令

先日の記事でイー・マーケティングの未公開株詐欺について書きましたが、また新しい事件が発覚しました。
とりあえず今発表されていることを、だらだらと列挙します。

イー・マーケティングの事件で逮捕された金河奉容疑者①が実質的に経営するとされる②ゲインズ・アセット・マネジメントが26日、6ヶ月の業務停止命令を受けました。 (①②は欄外の注を参照のこと)

ゲインズ・アセットに6か月間の業務停止命令(読売)
 関東財務局は26日、出資対象事業の運用実績がないのに、投資家への配当を続けるなどしたとして、ファンド運営会社「ゲインズ・アセット・マネジメント」(東京都中央区)に対し、金融商品取引法に基づき、6か月間の業務停止命令を出した。
 証券取引等監視委員会の行政処分勧告を受け、即日処分に踏み切った。
 監視委などによると、同社は昨年5月以降、酸素発生器のリース事業に出資するファンドを7種類作り、投資家から出資金を募集。しかし、同事業の売り上げが悪化し、同事業の管理会社から収益金が入らなくなったのに、投資家に年利回り10%前後の配当を続けた。募集に応じた投資家は265人に上り、うち7割以上が高齢者。監視委では、出資金計約7億円のうち、相当額が返還されない可能性があるとみている。


関東財務局の文書証券取引等監視委員会の文書にはもっといろいろ書いてあります。
抜粋
①本件O2ファンドに係る出資対象事業につき、平成20年11月分以降、A社から当該事業に係る稼働・運用報告がなされず、また、同年12月分以降については、酸素発生器の稼働率が相当悪化して出資対象事業の収益がほとんどないため、当社においてA社からの収益金の入金が遅延し又は入金がないなどといった状況にあった。
②当社は、出資金一口50万円から、上記「申込手数料」のほか販促費用20万円(一口50万円の40%相当額)をA社から入金を受けてこれを徴取し、出資者に負担させていた。

(当社…ゲインズ A社…酸素発生器のリース会社)

これを見と「やっぱり最初からの詐欺だったか」と思います。
私もイーの事件のときにゲインズのサイトを見てみましたが、一目で「投資として成立しない」と思いました。見た人のほとんどがそう思うと思います(現時点ではファンドのページは見られません)。
ただ「詐欺である」と断定する証拠はなかったので、名指しでの記載はしませんでした。

皆さんもおわかりの通り、この酸素発生器ファンドというのは、平成電電や近未来通信事件の亜種です。

ちなみにイーの金融商品取引業者登録は平成20年5月14日(金融庁資料56ページ)ですから、1年で発覚ということです。これは業界最速かもしれません。これだけ処分が早いということは、この事件に暴力団がからんでいる可能性が高いです。相当違法と思われる経済事件でも、こんなに早く処分が下ることはまれです。

  会社四季報プロ500 2009年 07月号 [雑誌]

   中国株二季報(2009年夏秋号)



朝日新聞の報道では「証券会社役員 木村権一」となっている。
産経新聞の報道による。それ以外の明確なソースは見出せなかった。

スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。