スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「分散投資」という名の罠

前回の記事の続きです。
グロソブという「社債しか組み入れしない株式型投信」*のパフォーマンスを具体的に見て行きましょう。

グロソブの正確な資料は国際投信のサイトの該当部分をご確認いただきたいのですが、基準価額は相当下落しています。
ヤフーファイナンスによれば直近の基準価額は6,275ポイント。
国際投信のデータで5年間の利回り(税引前)を計算すると

May-04 -9680
May-05 480
May-06 480
May-07 480
May-08 480
May-09 6425
-3.3%
0.86
完全に赤字です。

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)

一方、5~6年前に外債を1本買いしたらどうなっていたでしょう。
正確なデータではありませんが、
2003年夏に私が買った国際機関のドル債を今売った場合の試算をしてみましょう(税引前)。
2003 -1,136,000
2004    37,375
2005    37,462
2006    39,875
2007    41,348
2008    37,721
2009   966,171
        0.4%
        1.02倍
ぎりぎり元本です(実際には利子課税でちょいマイナス)。

2004年4月に私が買ったフランス国債を今売った場合の試算をしてみましょう(税引前)。
2004 -1,370,000
2005    54,375
2006    55,000
2007    59,699
2008    64,784
2009  1,386,279
        3.7%
        1.18
こちらは明確に黒字です。

なぜこんな事になってしまったのでしょう。
やっぱり「AAA格の債券を買う仕事」に年1%以上の手数料は無駄、ということだと思います。
「グロソブに1千万円出すより、ドルとユーロと豪ドルとそれ以外の債券を一本買いする方が常に有利。」
というのが私の結論です。

…世の中には、違法ではない騙しというものが存在するんです。

数年前に山崎元氏がこの商品を
「一月当たり4万円の小遣いを自分で自分に払うために、一回1万円以上のATM手数料を払うようなことをしている」
と評していましたが、至言だと思います。

「投資バカ」につける薬 (講談社BIZ)

*債券型投信は分配金に関する規制が厳しい。株式型として登録すると、基準価額が原点未満でも分配金を払える。
スポンサーサイト

テーマ : マネー
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。