スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモスイニシアは28日の時点で倒産を回避することに成功した模様だが

先日「金なら返せん」宣言をしたコスモスイニシアが28日の夕方4本開示を出しています。
内容は
・債務弁済のストップを全金融機関が追認しました
・これから再建計画を協議します
・別のところからお金を借ります
・社長退任
・連結で500億超の債務超過
・筆頭株主は支援して下さい
・今後は本業に集中してがんばります
 ということのようです。
IRページ 正確な内容はこちらで確認下さい)

支払いの停止+債権カット+新しい融資(この借金はカットされない)というのは民事再生でよく見られるものです。ですから、コスモスイニシアは28日の時点で1回倒産し、これから再生が始まるのだと考えた方がいいのかもしれません。(備考)
今後は、再生計画がまとまれば本格的に再生の道を歩みます。
再生計画がまとまらなかったり、まとまった後に頓挫した場合には解体型の処理へ移行します。

たぶん今回の再生スキームで一番保護されるのは入居者と出入り業者ではないかと思います。
金融機関は債務免除が税務上損金算入できること、株主は売買停止になっていないことに満足するよりないでしょう。




備考
帝国データバンク 「倒産の定義」から引用
日常的に使用する「倒産」という言葉は、法律用語ではありません。一般的には「企業経営が行き詰まり、弁済しなければならない債務が弁済できなくなった状態」を指します。具体的には、以下に挙げる6つのケースのいずれかに該当すると認められた場合を「倒産」と定め、これが事実上の倒産の定義となっています。

(1)2回目不渡りを出し銀行取引停止処分を受ける
(2)内整理する(代表が倒産を認めた時)
(3)裁判所に会社更生法の適用を申請する
(4)裁判所に民事再生法の手続き開始を申請する
(5)裁判所に破産を申請する
(6)裁判所に特別清算の開始を申請する     引用ここまで


コスモスイニシアの場合「一般」には間違いなく該当します。
具体的には
内整理する(代表が倒産を認めていないとき)ということになります。
こうして考えても、今回の状況が「倒産」に相当近い状況だということがわかります。


スポンサーサイト

テーマ : 株式入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。