スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証券会社が教えない、エマージング通貨債の本当の欠点

現在は数年前よりドル・ユーロ等メジャー通貨の金利水準が低くなり、為替リスクをカバーする「のりしろ」が小さくなったと述べました。ならば
「じゃあもっと高金利の通貨でやれば?」
という疑問が出るかと思います。
ところがそういうわけにもいきません。
エマージング通貨債は
①手数料が高い
②売りと買いのスプレッドが高い
③(私の知る限り)MMF等での運用や外貨送金ができない
ということです。
詳しく説明します。
①例えば南アフリカランド(1ランド=15円強)の場合証券会社ではだいたいプラスマイナス0.5円の手数料です。FX利用者の方から見れば「2桁違う」と発狂しかねないレベルです。実際、それだけで1年分の金利が飛んでしまいます。
②債券価格自体の売買スプレッドもメジャー通貨より大きく設定してあるため、同じ銘柄の債券の同じ日の売値と買値が円ベースで3割くらい違っているのが常態です。
こういうことはどこの証券会社の「リスク説明書」に小さく書いてあるのですが、問題は③です。
③私の知っている限り、ドルやユーロ、豪ドル建等の債券の場合、その通貨で償還してまた運用したり、外貨預金口座に送って旅行資金等にできますが、エマージング通貨の場合、それができません。
それができる証券会社が日本にあったら教えて下さい。
2008年10月追記:Eトレや楽天証券で一部扱い始めたそうです。
従って償還時に為替レートで損をしたら取り戻せないのはもちろん、2年債など買おうものなら
2年ごとに6%以上の手数料を支払うことになります。
この点は聞かないと教えてくれません。いや、店員自体がその意味を理解していない会社も少なくありません。

ともかく、現在(2008年1月)の日本においては
エマージング通貨の期間3年以内の債券を買うのは無謀に近い。
ということが言えます。そういうものはFXで通貨を買った方がほぼ間違いなく有利です。

ではなんで私はエマージング通貨債を持っているのか。
私の場合
①期間の長い債券ならスプレッドが大きくても弊害は小さくなる
②債券は原則として金利固定なので、将来金利が低下すると思っているならFXより有利
③FX業者は元先物屋が多く、信用できない業者が多かった
ということです。
でも今回この原稿を書くためにFXについて調べてみましたが、エマージング通貨を短期で買うということに関しては債券よりFXの方が優秀かな、と思いました。
なお③についてはまた後で語りたいと思っていますが、FXや証券先物会社にはいまだに違法な業者やトラブルを抱える業者が多いことは注意して下さい。
参考証券取引等監視委員会



スポンサーサイト

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。