スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニチモ倒産、コスモスイニシアは?

本日東証2部上場のニチモが民事再生法を申請して倒産しました。

と、いうわけで昨年のブログに書いた「危ない会社予測」は以下の通りになりました。

P
A
N 日本綜合地所
C クリード
H

P
T 東新住建 (想定外)
A

C
A
N ニチモ
D
Y

さて、
昨年末あたりから、「コスモスイニシア 倒産」で検索してこのサイトを訪問される方が非常に多くなっております。私は不動産とか会計の専門家ではありませんが、せっかくの機会ですからコスモスイニシアの状況について少し書かせていただきます。

ぶっちゃけ、コスモスイニシアが倒産する可能性はかなりあります。
コスモスイニシアのIR(開示)を見れば十分それが伺えます。
多少乱暴ですが私に説明させて下さい。

2月9日付の「継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ」ですが、
・「継続企業の前提に関する重要な疑義」を簡単に言えば、
 「今後会社が存続できない可能性がかなりある」という意味です。 
・「コミットライン契約の財務制限条項に抵触する」を簡単に言えば
 「お金を○億円まで借りる約束をしたが、大赤字なので無効になるかも」という意味です。
・「期限の利益喪失に係る請求を受ける」というのは
 「約束違反だから今すぐ借金全額返してくれと迫られる」ということです。
・「四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な疑義の
 影響を連結財務諸表には反映しておりません」
 というのは、「この四半期決算は倒産しない事を前提としたものです」という意味です。

 先日の開示を見ただけでも、そういうことが伺えます。

…そこから先は各自お考え下さい。


スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Xデーは来るのか!

Xデーがいつくるか?
株価30円代ですが、意外とがんばっているようにも見える。

安かったので投資を検討していたが、手を出さなくてよかった。
無配になってしまったことだし。

コメントありがとうございます

継続企業の前提に疑義が出たんで、ココから先はもうギャンブルですね。
誰かが救済する以外に回復は見込めないと思います。
ちなみに昨年オリックスの支援を受けたジョイントの場合、公式発表の直前に投資して直後に売った人しか儲かっていないようです。
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8874.T&ct=z&t=1y&q=c&l=on&z=m&p=m65,m130,s&a=v

No title

期待して株価見てたけど、10円台に突入するとは…

特別良い材料も出そうもないし。
こんな状態になったデベの物件では余計に売れない。

もうだめか…

当然くる

あまりにも自社の利益追求に走りすぎた結果でしょう。
周辺環境を無視した敷地いっぱいに建てる建築計画。
悪質な近隣対策業者を利用した、強引な手法。
社員の高すぎる年収。
株価は全てを語っている。

年度末でもう終わりでしょう。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。