スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる「エコノミスト」の為替予想が何故外れるのか考えてみた

今年の3月にミスター円(自称)こと榊原氏が「8月までに1ドル80円、いやもっと早いかも」とテレビで言っていました(ブログの該当記事)。インフレ率や購買力平価によって考えれば1ドル100円でも円安である、というのが最大の論拠でした。実際そういうことを講演でも述べているようです。
それで今どうかといいますと、先週末の時点で1$≒95.5円、1€≒121円 1A$=62.5円です。
その後円高にはなりましたが、円の最高値は90円台であり、予想としては明らかに外れました。

しかし私は「やっぱり高級官僚はバカ」と言うためにこの話を持ち出したのではありません。私が考えたいのは、私より経済学の知識があったり、為替政策に携わった経験があったり、詳しい統計データを持っていたり、高官と親しく内部情報を知ったりできるエコノミスト(自称)の予想が何故当たらないのかということです。
私は彼らが為替を予想するとき持ち出す「購買力平価説」に何か問題があるのではないかと疑いました。

購買力平価説というのは簡単に言うと、ある商品が日本で100円、アメリカで1ドルなら1$=100円が妥当なレートだという考え方です。突っ込みどころはいろいろありますが、この説自体を否定する人はまずいないでしょう。実際春までの欧州通貨高の局面でロンドンの地下鉄が初乗り900円になったとか、パリのスタバでコーヒー飲んだら700円だったとかいう話を聞いて私も「何かおかしい」と思いました。
では1ポンドが50円になって初乗り200円になるとか、1ユーロが70円くらいになって1杯300円になるか?というと、それも違うと思っています。

全く根拠とか数字の裏付けのない意見ですが、私は「購買力平価説」自体が間違っているのではなく、今の日本周辺においてそれを撹乱する要素があるのではないかと考えました。
私の念頭にあるのは中国(人口が日本の10倍で、貧富の格差が大きい独裁国家)の存在です。
日本の物価(土地以外)が他の欧米諸国より安いのは日本円が酷く低い評価をされているのではなく、中国からの商品や労働力の流入によって強く下押しされているからではないか。その結果、購買力平価の考えで見ると不合理な状態が常態となっている…のではないか?ということです。

もしこの考えを正しいと信ずるならば、円の高騰は大体ここらへんで止まり、1ドル80円になるような円高は来ないか、来ても長続きしないということになります。
…皆さんはどうお考えでしょうか。

最後になりますが、証券投資をする皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。


青春歌年鑑BOX 1984~1990


私は金融資産のかなりの部分を外貨建運用しています。
本稿には願望が含まれていることは否定できません。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。