スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外債投資のメリット

これだけのリスクがあるのに、私はなぜ外債投資を始めたのでしょう。
そしてなぜ、今に至るまでやり続けているのでしょう。

…もちろん、それ以上にメリットがあるからです。

以下は私が考える「外債投資のメリット」です。
①利率が高い(円債や外貨預金と比べて)
②長く持つことで収益を生む。償還まで持てば利益が出る(株式と比べて)
③倒産や暴落のリスクがほとんどない(株式と比べて)
④償還前に証券会社に相対で売却することもでき、換金性が高い(不動産と比べて)
⑤運がよければ為替や金利変動でより高い収益が望める

 これ、毎日働いている人向きの商品だと思いませんか?
「毎日会社で一生懸命働いて得た余裕資金で少しずつ社債を買い、利息をもらいながら円定期や外貨預金を大きく上回る運用をする。」
私が500万円以上の余裕資金を持っている人に勧めるのは、こういうスタイルです。
 
なお、上の話を読んで「ならグロソブ買えば?」と思った人は、もしかしてすでに騙されているかもしれません。それも含めて、この話は明日以降に続きます。



ご注意
(1)上に挙げたメリットは、信頼できる証券会社から主要通貨建の高格付債を買った場合のものです。
(2)このお話の趣旨は「外貨建債券以外はやるな」ということではありません。

スポンサーサイト

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。