スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

証券投資は意外と安全な件

証券投資は安全、と言ったら
「ハァ?」と言われるかもしれません。
でも他の投資にはない手当てがされていることもまた事実です。
(日本国内の合法的な)証券投資においては概ね以下の原則が成り立っています。

1.証券会社等は免許制で、財産の分別管理が行われている。
2.流動性が高い。
3.品質がある程度保証されている。
4.他の投資商品と比べると値付けが公正と思われる。
5.証券の先には人がいる。

これだけでは説明不足または意味不明だと思いますので、以下趣旨説明をします。

1.これがエビや和牛やパール投資との決定的な違いです。投資した株や買った投信の値段が下がることはあっても、預けた証券がどこかに消えたり他人に流れるということはありません。証券会社が倒産しても預けた資産は基本的にそのまま返ってきます。
(一部例外はありますが、それは証券会社ではなく、「証券免許を持った先物屋」だったりします。このことはまた後日)
2.これが不動産や商品先物と違うところです。東証やジャスダックの上場株なら毎日一定の売買があります。数十万~数百万程度なら、価格で妥協すれば必ず売れます。
3.上場株式や日本国債については証券取引所で実際に売買された値段があります。国債や上場転換社債以外の債券は相対取引ですが、利回り計算である程度のフェアバリューが計算できます。私の知る限りでは、高格付けの債券なら「A証券で100万円のものがB証券で90万円」なんてことはありません。
(そんな会社があったら知りたいです。)
4.株も債券も会社が倒産したら紙クズになりますが、上場株については監査法人が毎年監査を入れて正しく決算が行われているかチェックをしています。電撃的倒産はそんなに多くありません。会社の金を役員が流用したり使い込んだりすることはほとんどありません(あってもレアケースです)。
債券については格付機関が返済状況を調べて格付けしています。格付けがシングルA以上あったらそうとう倒産しません(デフォルトしたアルゼンチン国債はたしかBB~シングルB格でした)。
5.これは私の信念なんですが、突き詰めると富を生むのは結局人なんです。株式や社債は、その会社の中の人が働いて儲けたお金が利益の源泉になっています。特に株式の場合、会社経営が適切に行われていれば中の人が自動的に設備を更新しながら利益を拡大再生産してくれます。そこらへんが不動産売買(一発勝負)や不動産投資(いろいろ自分で手を入れる必要がある)や商品・為替(ゼロサムゲーム)と違うところです。

そういうわけで私はたぶんこれからも証券投資をメインにやっていくでしょう。
証券投資は変な銘柄選択や無謀な取引をしなければそんなに不幸にはなりません。
そうですよね?


スポンサーサイト

テーマ : 投資が大好き
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。