スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルピーダの社債がデフォルトに

エルピーダメモリ(東6665)が27日に会社更生法を申請、事実上倒産しました。これに伴い同社発行の普通社債と転換社債(CB)は期限の利益を喪失しました。(同社開示
ご存じのように通常の借金というのは、どれか1つの利払いや返済が滞った時点で全額を返さなければいけません。しかしそうなった場合に返すお金はありません。いわゆる「デフォルト」とはそういうことです。

読売新聞の記事によれば、エルピーダの社債発行残高は1350億円だそうです。そのうち450億円が額面1億円のプロ向け普通社債、875億円が額面百万円の主に個人向けのCBだとか。
開示を見ましたら、CBは2010年に600億円、2011年に275億円発行しています。普通社債がいつ発行されたかは知りませんが、機関投資家から見放されて個人向けCBを出したのかな?などと根拠のない憶測をしてしまいます。
それはともかく、マイカル倒産のときの弁済率が10.2~30%だそうですから、エルピーダの弁済率もそれを上回るのは難しいと思います。債務を大幅にカットしなければ会社の更生などできませんから。しかもこの会社は一般個人から嫌われても困らないので、他の債券と比べて不利な扱いになることもないとは言えません。

実は私も去年夏頃「CBを買わないか」と大和の人に言われましたが、検討すらしませんでした。
「社債投資はドキドキワクワクするものではない」
というのが見送った理由です。
元本が目減りする為替リスクはとれても、元本がぶっ飛ぶ発行体リスクはとれないというのが私の持論です。その結果機会損失になったことも少なくありませんが、それでいいと思っています。
社債は株と違って、上手く行っても数%の利益しか出ません。しかも通常ワンロット100万と、個人には大きな額になっています。社債の銘柄選択は、株式以上に保守的な姿勢でもいいと思いますよ。


スポンサーサイト

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。