スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州諸国の国債価格は…

ユーロが対円で105円近辺まで行ったので、割債を買い増すつもりで大和証券に行きました。そうしたらフランス国債(割債・残存期間十数年)が急騰していました。
6月末時点で2023年償還のフランス国債の評価額は64.5ポイントで、利回りが3.84%でした。これがなんと2ヶ月半後の9月には販売価格72.76ポイント、利回りは2.78%になっているのです。スプレッドなどがありますので正確な比較ではありませんが、2ヶ月半で1割以上の上昇ですから暴騰といってよいでしょう。日本人ホルダーとしては嬉しくもあり嬉しくもなし、という感じです。
結局その日は買い増しを断念しました。

一方ギリシャ国債10年物の利回りは24%まで上昇したそうです。(朝日新聞)大雑把な計算で行きますと、これは10年後に100で帰ってくるものを10ポイントくらいで取引しているということですから、破綻を織り込んだ価格といってよいでしょう。
またスペイン国債(30年物・割債)は約5.26%、イタリア国債(28年物・割債)は5.65%で売られています。(安藤証券)どうやら最近イタリアとスペインの信用度が逆転したようですが、どっちもどっちであります。

円高と低金利で外債投資は大変難しくなっています。最近ではドルもユーロも新興国もダメといった状況で、相対的に豪ドル建債の人気が高まっているそうです。
…では今後も皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。




【送料無料】体脂肪計タニタの...

【送料無料】体脂肪計タニタの...
価格:1,200円(税込、送料別)

スポンサーサイト

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。