スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用金庫職員が貸金庫の金を盗む

また気分の悪くなる金融不祥事が発覚しました。職員による常習的な窃盗事件です。

信金の貸金庫から現金盗む=総額数千万円か、元職員逮捕―警視庁 朝日新聞
引用
東京都豊島区の巣鴨信用金庫東池袋支店で貸金庫から200万円を盗んだとして、警視庁巣鴨署は28日までに、窃盗容疑で、荒川区荒川、同信金元職員坂本興哉容疑者(49)を逮捕した。容疑を認め「知人男性に貸した」と話しているという。 同署は複数回にわたり、計数千万円を盗んだとみて調べている。


勤務先の貸金庫から200万円窃盗、容疑で元信金職員逮捕 警視庁  (産経web)
引用
逮捕容疑は、1月23日から3月2日ごろ、豊島区内の信金支店内で管理していた合鍵を使い、都内に住む80代の無職男性の貸金庫から現金200万円を盗んだとしている。
同署によると、金庫内の現金が減っていることに男性の妻が気付き、信金に相談。内部調査の結果、坂本容疑者が盗んだことを認めたため、3月中旬に懲戒解雇されていた。


犯罪者が発覚しないように犯罪を犯すのは当たり前かもしれませんが、老い先短いお年寄りの貸金庫を狙うというやり方は特に許せないものがあります。これは私の憶測ですが「貸金庫の金なら本人が死ぬかボケるかすればばれない」と思ってやったのではないでしょうか? 

私は金融機関の貸金庫を利用したことはないので正確なことは言えませんが、現時点での教訓は、
・貸金庫は一部行員が勝手に開けられる
・貸金庫の物が盗まれても、利用者が問い合わせない限り発覚しにくい
・現金は貸金庫でなく銀行口座へ
・年寄りの貸金庫を狙う犯罪者がいる
 ということではないかと思います。皆さまもくれぐれもご注意ください。

ご参考:
・巣鴨信用金庫 不祥事件の発生について 





スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。