スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日興証券でまた不祥事

日興証券でまた客のお金を騙し取る不祥事が発覚したようです。   前回の不祥事

産経web
SMBC日興証券(東京都千代田区)の東京都内の支店に勤務する40代の男性社員が、顧客の投資家に架空の投資話を持ち掛け、総額約8億8千万円をだまし取っていたことが8日、同社の内部調査で分かった。同社は近く、詐欺容疑などで警視庁に告発する方針。
 同社によると、社員は個人投資家向けの営業を担当。平成13年以降、「高利回りを保証する」と虚偽の説明をして金券の交付を約束するなどの手口で、計16人の顧客から約8億8千万円を詐取していたという。(以下略)

社名は変わっておりますが、SMBC日興証券=日興コーディアル証券=日興証券であります。

高崎支店の事件は犯行が2005-2006年で2009年に報道されていますから、この事件とは同時進行ですね。むしろ高崎の事件が発覚したのにこちらの事件が見逃されているところに日興証券の体質が透けて見えます。
なお今回SMBC日興証券は、サイトでこの事件のことを公表しています。(ニュースリリース)しかし、高崎の事件に関してはそういう発表はなかったようです。もし三井住友グループが会社を買っていなかったら、この事件ももみ消されていたのでは?と思うと寒気がします。

今回も犯人は「営業専門社員」だそうですが、正社員だろうとアルバイトだろうと、使用人の不始末は会社が全額賠償すべき話です(会社法でも原則そうなっている)。「正社員じゃないから免責」とかいう話はありえないと思います。それが行きつくところまで行くと「代表取締役と直接交渉してハンコをつかないと取引できないよ」って話になってしまうからです。
なお高崎の事件では被害者が日興証券を訴えたそうです。被害者が訴えたということは、会社がそういう賠償を拒んだ可能性が高いです。詳しいことはわかりませんが、事後の対応にも問題があったと考えられます。

私も以前日興証券に口座を作りましたが、あまりに不誠実だったので短期間で解約しました。こうしてみると、早めにつき合いを切っといて正解でしたね。
三井住友グループが親会社になったことで日興証券も変わるとは思いますが、一朝一夕に事が進むとはあまり思えません。皆様も証券会社選びにはご注意ください。



スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。