スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資詐欺の被害が広がる理由

最近また金融取引業者の処分が相次いでいます。
「ライフケアバンク株式会社に対する行政処分について」(関東財務局ウェブサイト)
ソーシャル・イノベーション株式会社に対する行政処分について(関東財務局ウェブサイト)
株式会社トラフィックに対する行政処分について」(関東財務局ウェブサイト)
個別の状況は違えど、無登録無届あり虚偽記載あり資金流用ありの何でもアリアリです。
私が見る限り「これ詐欺じゃないの?」と思われる事例もあります。

当局はこういった事案のほか、無登録業者が未公開株・社債で不適法な資金集めを行っている事案を把握しているそうです。
「把握しているのならなんで取り締まらないんだ?」
と思う方もいるかもしれません。しかし世の中そう簡単には行かないのです。
投資詐欺が簡単に潰せないのは
(1)証券取引等監視委員会や金融庁は、届出をしている金融業者しか取り締まることができない
(2)警察その他の機関は、違法な資金集めがあったとしても、資金繰りが破たんして被害届が出るまではなかなか捜査できない
  という現状があるからです。
(2)はなんか理不尽な感じもしますが、プロセスに法律違反があっただけで企業を操業停止に追い込むことはできないのです。よほどの事態の場合は別ですが(例:雪印事件etc)。
民主主義国家では、正義を貫くにも時間と手間がかかるんです。

皆様もご注意ください。何度も言いますが、警察は詐欺師を逮捕することはできますが、預けたお金を取り戻してくれるわけではありません。


だます人だま...

だます人だま...

価格:1,890円(税込、送料別)

スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。