スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海東京証券が営業部員の違法行為を長年にわたって放置していた件(証券取引等監視委員会9月10日発表)

9月10日、証券取引等監視委員会が東海東京証券の法令違反を処分するよう金融庁に勧告しました。
証券取引等監視委員会 : 勧告内容

要約すると
・特定の営業部員が10年以上、特定の顧客に利回り保証など不正な取引をしていた
・足りなくなると別の客の金を不正出勤して穴埋めしていた
・本部は気付いていたけどスルーした

であります。

不正にお金を引き出されたお客はにとっては、とんでもない迷惑です。
(正確な内容は勧告本文でご確認ください)

勧告によれば東海東京証券は地域密着型の人事ローテーションのようですが、悪い不作為によってその欠点が大きく出た形です。こういった証券会社が「生活産業」を謳うのは噴飯ものです。 (東海東京証券ウェブサイト

一般論ですが、世の中たくさん職員がいれば金にだらしのない奴が出てきます。浪費とかギャンブルとか風俗とか、もう理由はいろいろですが。特に証券業界などは「よく稼ぎ、よく遊べ」みたいなところですから、なおさらです。

誤解を招く表現かもしれませんが、どの会社で取引していても社員の不正とかミス(もしくはそのもみ消し行為)は避けられないんです。重要なのは、営業店とか本部がそういうことを1回か2回やった時点で発見し、被害者・加害者とも傷の浅い時点で留めることです。
東海東京証券や日興証券(過去記事)は、そういった善後策をないがしろにしたものと思料されます。

…皆さんも営業マンの不祥事にはご注意下さい。

東海東京証券とは丸万証券時代に取引があったんですが、銀行再編のあおりを食って東京証券とくっつけられてから、営業店が目に見えておかしくなりましたね。人の訊いたことに答えもしないで、壊れたカセットレコーダーみたいに「お薦めの海外投信」のトークを執拗に繰り返す営業員が激増したのはその頃です。
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。