スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がまんの代償は適正か?

先日、大和証券から
大和証券キャピタル・マーケッツ株式会社2013年8月22日満期 期限前償還条項付 日経平均株価参照円建社債(ノックイン50)
を勧められました。 (内容:大和証券
社債と書いてありますが、お金の貸し借りの枠を超えたデリバティブ商品です。
おおまかなルールは

・大和に100万円預ける (預けた日)
・大和は年約4%払い、3年後に100万円返す

ただし
・その間に日経平均が1回でも預けた日の半額になったら
 大和は100万円でなく100万円×(返す日の日経平均/預けた日の日経平均)を返せばいい
・その後日経平均が大逆転して↑の額が100万円を超えても、大和は100万円返せば済む

また
・日経平均が順調に上がっているようなら大和は100万円返してこのゲームをやめられる
…です。

この商品設計を見て私は「こしあんルーレット」を思い出しました。
「こしあんルーレット」というのは箱詰めになった大福の中にごく少数だけ激辛の「はずれ」が含まれているというパーティーゲームです。大勢の人に小さな幸せ、ごく少数の人に大きなダメージがあります。
この商品は通常の相場が続けば何でもない高利の普通社債でハッピーなのですが、「日経平均が今の半分になる」というレアケースが起こった際には激辛のダメージ(たぶん元本半減)があります。
なんか似てるでしょう?

ここからはあくまで1つのシナリオなのですが、
この商品を持っているうちに、1万円だった日経平均が9千円、8千円、7千円と下がってきたらどうなるでしょう?残りの期間が1年でも2年でも、日経平均が半分になるかどうか、心配しながらじりじりとした毎日を過ごさなければなりません。こちら側には4万円払ってやめさせてもらうとか、そういう権利はないのです。
「日経平均が3年で半分になるわけない」と確信できる強い信念の持ち主なら購入してもいい商品かもしれないですが、私にはそんながまんをするのは無理なので、購入をやめました。



…証券投資をする皆様に、今後も市場に棲む悪魔のご加護がありますように。




お金で騙される人、騙されない人

騙されない社会人のための株入門
スポンサーサイト

テーマ : 長期投資家の避難所
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。