スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株投資で、個別銘柄を奨めない理由

21世紀が始まった頃、「2020年には上海とボンベイがアジアの金融センターになる」という予言がありました。ボンベイとは今のムンバイです。そのときは「まさか20年でそこまで行かないだろう」と思っていましたが、10年経ってみると予言が当たりそうな雰囲気であります。
そうなると東京市場の過疎化は免れません。だからと言って私は「政治が悪い」とか「若者はけしからん」などとは思いません。中国、インド、ソ連東欧と、域内で完結していた経済が表に出てきて、重心が移動しただけなのです。

前置きが長くなりましたが、世界経済の重心移動は紛れもない事実です。それに対して資産をシュリンクさせないためには、ある程度の海外投資が必要です。中国株投資が注目されている理由の一つはそういうことであります。

で、何を買うか、ということであります。
最近はネット証券の発展により、中国株(香港市場、上海・深セン市場のB株)を個人が日々できるようになりました。実際私も、個別銘柄を売買していました。
でも世間一般の皆さんには、個別銘柄の売買はお勧めできません。
理由
○やっぱり外国の企業である
 中国移動は携帯の会社、中国人寿は生命保険という風に、漢字だからある程度社名でわかりますが、業績とか業界の概要とか市場シェアとかは知らないですよね。中国株二季報2010年春号なんてのもありますが、日本株以上の銘柄研究が必要です。
○情報が細すぎる
投資後も銘柄の動向には注意が必要です。上海万博のテーマ曲が日本の歌のパクリだったっていうニュースは日本の新聞にも出ますけど、今中国西南部で大干ばつが起きているとか、その中で個別企業にどんな影響があるかなんてことは、自発的に調べないとわかりません。サーチナファイナンスとかトランスリンクなんていうメディアもありますが、手持ち銘柄の売買停止の理由や急騰急落の理由を探すのは結構面倒です。
○その他の問題
 私は藍澤証券で中国株をやっていたのですが、2007年時点では「毎日最初についた値段±3~5%以上の指値注文は無効になる」というシステムでした。つまり株価急騰・急落時に売りにくいということです。他社のこと、今現在のことは知りませんが、昼間仕事をしている人は不利です。また当時は、日本の休日と香港・中国の休日、両方とも取引できませんでした。

幸い私は2007年後半の急落前に保有銘柄の整理を終えていたので、中国株投資はちょっとご無沙汰しています。上述の理由により、今後中国株を買い増す場合にはETFを念頭において考えたいと思います。個別銘柄でなくETFであれば前述の問題はおおむね回避できるからです。

では今後も皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。


スポンサーサイト

テーマ : 中国株
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。