スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社Art Investment Bankに行政処分の勧告が

どうやらまたまた、新しい事件のようです。

証券取引等監視委員会が株式会社Art Investment Bankに不正又は著しく不当な行為等の事実が認められたとして、金融庁に処分を勧告しました。  勧告内容
勧告の趣旨を一言で表すと、匿名組合形式でお金を預かって…
・絵を買うために金を支払ったが、絵は受け取っていない
・決算をしていない
・未登録業者に出資勧誘させていた
 ということです。(正確な内容は証券取引等監視委員会のサイトで)

調査結果が誤解とか陰謀でない限り、これも詐欺事件に発展する可能性が高いです。やはり通常の個人投資家は「第二種金融商品取引業」と一生関わらない方がいいようです。証券会社か銀行のような通常のチャネルで取引され、常にそのときの時価がわかる商品、常に一定の手続きで換金できる商品の中から投資商品を検討するべきだと思います。素性のわからない業者が奨めるフェアバリューのわからない商品(未公開株、美術品、不動産、etc)は危険です。
ついでに言いますと、「銘柄診断」とか「資産診断」をする自称「投資コンサルタント」等にもご注意下さい。本当にそういう能力のある人はまず自分がお金持ちになってしまうので、そんな仕事に就くことは非常にまれです。そこまで言えば、あとはおわかりですね。



スポンサーサイト

テーマ : 投資に役立つ最新経済ニュース
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。