スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融庁がウィズダムキャピタルに業務停止命令

これもちょっと前の話ですが、コンコード事件と似たような事件について金融庁の処分がありました。

ウィズダムキャピタルに業務停止・改善命令 金融庁 nikkei net
 金融庁は3日、投資ファンドのウィズダムキャピタル(東京・中央)に対して同日から3カ月間の業務停止命令と業務改善命令を出した。未公開株に投資するファンドで、本来よりかさ上げした価格で株式を購入。かさ上げ分を購入先から自社に還流させる違法行為をしていた。


金融庁の下した正確な処分内容はこちら
問題の未上場株業者「ウィズダムキャピタル」のサイトはこちら

格安パックツアーに行くと、観光もしないうちから土産屋に連れて行かれて、市価の数倍の値段でチョコレートとかウーロン茶を買わされるって話があります。原価との差額は土産屋とツアコンが山分けにするわけです。
今回問題になった行為はそう考えるとわかりやすいでしょう。

そもそも未公開株に値段をつけることそのものが大変難しいことです。
未公開株のプライシングには
・市場価格がない
・決算など企業情報が実際と異なる確率が非常に高い
・あらゆる意味で企業内容が脆弱である
・未来の価値を加味して現在価値を上回る評価をする必要がある
という問題があります。
ですから通常のベンチャーキャピタルは顧問会計士とは別の会計士(大手監査法人)に会社を調査をしてもらい、正しい会社の資産状況と収支を確認します。その後に事業の価値を加味して会社の評価をします。そして「時価総額○億円だから△千万円出資することで会社のシェアを◇%とります」というように考えていきます(一例)。
そういうプロセスを機関投資家に代わって誠実に行うのがベンチャーキャピタルです。
…それでもよく失敗します。

「ファンドに○万円で買わせるからウチにその△割バックして」みたいな感じで未上場会社やその株主(だいたいが役員)と握ってしまうようでは、出資者はやられ放題です。しかも、そういう取引をするような会社and役員が真面目に事業をやってくれると思います?

未公開株とか未公開株ファンドを個人に勧誘する業者には近付かないことをお勧めします。




スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。