スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融庁がコスモ証券を処分

証券取引等監視委員会が勧告した通り、コスモ証券に業務改善命令が下されました(金融庁の処分内容)。

サイトから抜粋
当社は、投資信託の主力商品として、平成20年11月以降、ブル型・ベア型の投資信託(以下「ブルベア投信」という。)の取扱いを開始し、同21年3月以降は、これに替わり、毎月分配型投資信託の4銘柄(以下「毎月分配型4投信」という。)の販売に注力していたが、当社において、当該主力商品に係る営業に関して、下記のとおり、コンプライアンスよりも収益(手数料等)を優先する考えのもと、法令違反その他の不適当な勧誘行為が業務組織を通して多数行われ、それが看過されているなどといった状況が認められた。(中略)
平成20年11月から同21年8月までの間の2,885顧客に係る取引を検証したところ、収益(手数料等)を上げるため、同一の営業員が同一日において、別々の顧客に対して合理的な理由なく異なる相場観等を伝え、ブル型及びベア型双方につき乗換えを勧誘している事例が、183営業員により1,154顧客に対して合計3,111件認められた。当該3,111件によって顧客が負担した手数料は、総額約237百万円となっている。


おおざっぱに言うと「ブルベア投信」というのを売り、「ブル」を買った客には「ベア」を、「ベア」を買った客には「ブル」を頻繁に奨めて手数料を荒稼ぎしていたわけです。下衆の勘繰りかもしれませんが、「ブルベア投信」を売り始めた時点から回転売買による手数料稼ぎを狙っていたように思います。こういう営業を会社ぐるみでやっていい訳がありません。

処分内容は正直言って「反省文提出」みたいに見えます。でも、金融庁が手ぬるいと批判する気はありません。日本が法治国家である以上、悪を裁くのも大変なんです。本件については問題が指摘され、被害の拡大が止まったことを評価したいと思います。

なお、同時に発表された「コンコード事件」に関してはまた明日以降に書きます。(金融庁発表


ご参考
楽天証券:ネット環境のある方にはお勧めします。私も利用していますが、しつこい勧誘はなどは今のところありません。


スポンサーサイト

テーマ : 株式投資(デイトレ、中長期銘柄)
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。