スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル証券が教えてくれなかったこと (後編)

前回の記事の続きです。
(ここから先、投資商品をよく知ってる人にとっては当たり前な話ですのでご了承下さい)

 昨今の「友愛政策」で日本株の上昇は当分望めそうにありません。円高にもなったし、日本以外は金融緩和で資産インフレになりそうだから外国株でもやるか、と思っている人も少なくないでしょう。私も今検討中です。ちなみに私は数年前「今BRICsが旬らしい」と聞いて外国株投信を買ったのが海外投信初体験です。(もちろん前回書いたあの証券とは別のところで買いました)。

投信を買うとき問題になるのが手数料です。私の持っている某国ファンド(新発)の場合、買ったときの手数料が税込3.15%、毎年の手数料が純資産の2.1%でした。100万円のファンドを買うときには103万1500円払い、大幅な上がり下がりがない場合には毎年2万1千円づつ払っていく計算です。
買ったときには「自分の知らない遠くの国の株を買うんだからしかたないだろう」と思っていたんですが、金融危機となれば話は変わってきます。私は「もっと安く投資する方法はなかったのか」と思うようになりました。そう思って調べてみたら、方法はいくらでもあったので、本当にがっかりしました。
…徒然草ではありませんが、先達はあらまほしきものです。
具体的には

①日本の証券取引所に上場する外国株ETF 東証 大証
②海外の証券取引所に上場する外国株ETF 例: SBI証券 楽天証券 
③その他ネット証券の投信
などです。

ETFというのはほぼ株価指数と同じ動きをするように作られた投資信託です。そのため中の人が「Aを買おうかそれともBを買おうか」と検討する必要がなく、通常の投信よりコストが安くなります。
これだったら購入手数料がおおむね数百~数千円、毎年の手数料が1%未満で済みます。
また取り扱っている銘柄も意外にたくさんあります。先週東証にインド株indexが上場しました(価格)が、このほかにも中国、ロシア、南ア、ブラジルなどさまざまな国が選べます。またREIT、金、債券などの商品も選べます。

こういった商品をなぜリアル証券が教えないのか?
それは自分が儲かる商品ではないからです。リアル証券の人にとっては、投信を売って3%手数料を取り、儲かったら売らせてまた新しい投信を買わせて3%取り、損したら損切りさせてまた新しい投信を買わせる。それが一番儲かるからです。

証券会社が売っている投資信託は通常分別管理がしっかりしており、危険なや詐欺的商品ではありませんが、すべての投資家にとってよい商品かというと、そうとも言えません。
「壊れたラジカセ」に万単位のお金を払う前に、いろいろ検討することをおすすめします。

楽天証券
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。