スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トシちゃんと未上場株

最近話題になっている「サンラ・ワールド」は
・北米の未上場株
・高利の円預金
・コーヒー園への投資
をうたってお金を集めたそうです。
いかにも怪しいです。
この件については私はそれ以上知らないので、詳細は今後の報道を待ちたいと思います。

ここから先は一般論として、先日
未上場株はグリーンシート以外全部詐欺と思え」
と書いた意味を説明します。

その最大の理由は
赤の他人に株を渡すこと自体が上場の妨げなので、不特定多数に出回る未上場株は上場できそうな未上場株でない」
ということです。

一般的に、上場を目指す未上場企業が株主にしていい人は
①過去も未来も頼りになる「ファミリー」
②これから一緒に金儲けをする「パートナー」(取引先・金融機関・役職員)
③千万~億円単位で投資をしてくれる「インベスター」
 おそらくそれ以外にありません。
萬田久子がリンクセオリーの株主になっていたのは①および②(社長の奥さん兼広告塔)ですし、田原俊彦や丸山茂樹ががジェイプロジェクトの株主になっていたのは②(宣伝効果)にあたります。また、上場しているネット企業のオーナーが新規上場企業の株主になっているのも②にあたります。
それ以外の他人、誰かが紹介してきた見ず知らずの人や取引がないのに自分から寄って来た人に株を渡すということは、上場を目指す経営者がやってはならないことなのです。
例えばそんなことをして、もし株式がヤクザ(正確には「反社会的勢力」というらしい)に渡ったら大変なことになります。そういう株主が一人でもいたら今は上場が認められません。
だから、ほとんどの企業が株式に譲渡制限をかけた上、株主には株券の不所持を勧めるのです。

あなたに萬田久子並みの美貌か、田原俊彦並みの根強い人気がない限り、未上場株で儲けようと考えない方がいいと思います。



今日のおまけ
オストジャパングループはグリーンシートで公開してから札証アンビシャスに上場しましたが、株価はGS時代のほうが高かったそうです。

スポンサーサイト

テーマ : IPO
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。