スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアがついに利上げ

オーストラリアが他国に先駆けて利上げです。 ヤフーニュース
先週6日、政策金利を0.25ポイント引き上げて3.25%にすると発表しました。

外債投資ファンにとっては利上げは原則歓迎です。持っている銘柄の価格は下がりますが、糊代が広がるので新規投資がやりやすくなります(意味がわからない人は追記参照)。これで数ヶ月なり1年なりしてアメリカや欧州の利上げとか、追加利上げがあれば、外債投資のチャンスになります。
そうなったら理論上円が安くなるはずなんですが、それが必ずしもリアルタイムで一致しないのが面白いところです。

私はとりあえずMRFにお金を入れて金利動向を注視していこうと思っています。
「利上げができるほど米欧の景気が回復するのか?」という問題はありますが…

おまけ
一方先週は金価格が史上最高値を更新しました。世界通貨だったドルの弱体化で金がもてはやされるのはわかるんですけど、現状金だってドル建てですから。
なお、私は世界経済全体の破局に対する備えは殆んどしていません。理由は過去記事にて。


金利が3%のドル債は1年で3%円高になれば利益が飛んでしまいます。金利が5%なら5%まで円高OKです。それが「糊代」の意味です。
なお、利上げするとその国の通貨は他通貨に対して上がるのが普通です。今回もオーストラリアドルは上げました。一方、既発の債券価格は通常下がります。例えば3%の債券100万円でもらえる金利は3万円、これから出る4%の債券は4万円だとすれば、誰もが4万円もらえる新発債を買います。もし3%の社債を売りたいなら、価格を95万とか97万に下げて売る必要があるのです。
スポンサーサイト

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。