スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株の回復に早くも異変

最近中国株がまた上がってきたというので中国株二季報(2009年夏秋号)を買い、経済ニュースなどを見ながら何を買おうかと悩んでいたら、幸か不幸か上げ相場にストップが掛かりました。どうやらあちらもなかなか大変なようです。

おおざっぱにまとめますと

・株価暴落、輸出激減(08年秋)
  ↓
・中国政府、大幅な経済対策と金融緩和(08年冬以降)
  ↓
・株価下げ止まる(09年初頭)
  ↓
・銀行が半年で6兆元を超える新規貸出(09年1-6月)(記事)*当時1元≒15円!
  ↓
・株価急回復(09年1-7月)
  ↓
・中央政府、貸し過ぎだと気付く。中国銀行に一種の制裁(記事
  ↓
・新規貸出鈍化、本土で株価急落、輸出はまだ戻らない(今ここ)
 *香港株も、急落とは言えませんが下げました。

中国経済なり中国株が今後有望なのはわかるんですが、中国株を買っていいものかどうか今悩んでいます。情報が入るからかえって迷うんですよね…。

それはともかく、今回はアイザワ証券で香港なり本土B株の個別銘柄を買うか、楽天証券で大証の上海A50ETFや香港のハンセン指数連動指向ファンド(HK2800)を買うか、どちらかで行こうと考えています。最初に3%払うのが惜しいので、証券会社や銀行が売りに来る投信を買うつもりはありません。


 
中国が国家を維持していくためには、経済成長を維持しないといけません。そしてそのためには金融緩和の継続が必要です。温首相や世界銀行総裁もだいたいそんなことを言っています。(記事
 で、今こういう問題があるようです。
 
・貸し過ぎで所謂「自己資本比率」が低下した銀行がある
・融資が第三セクターみたいな所に流れて必要な所に届いてないらしい
・融資の1-2割は事業でなく株とか不動産に流れているらしい
・誰がやっても金余りなら物価が上がる 
  
 …それでもやめられないみたいです。 
スポンサーサイト

テーマ : 中国株
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。