スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身内に優しい日興証券

日興証券というと、3年ほど前に粉飾まがいの会計処理で上場廃止寸前まで行った事件(追記1参照)が有名ですが、先日また別の不祥事が発覚しました。

日興コーデ元社員逮捕 読売新聞
 証券大手「日興コーディアル証券」高崎支店の元社員(2006年1月懲戒解雇)に架空の投資話を持ちかけられて金をだまし取られたとして、元顧客らが同社と元社員を相手取り計約1億円以上の損害賠償を求める民事訴訟を起こしていた事件で、高崎署は24日、同社の元営業専門社員、三柴勝容疑者(50)(前橋市表町)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、三柴容疑者は2005年3月から06年1月に計5回、当時の顧客で同市内の会社役員男性(63)に架空の投資話を持ち掛け、計約730万円をだまし取った疑い。三柴容疑者は取引の実態がないのに、「いい株が買えた」「新規公開株をおばの名義で買った」などと顧客らをだまして早急に振り込むよう促し、契約書などは作成しなかった。三柴容疑者は容疑を認めている。


元社員と書いてありますが、在職中の犯行です。
何か特別の事情がない限り、日興コーディアル証券には使用者責任があり、連帯して損害賠償の義務を負うはずです。(会社法14条:追記2参照)
「社員が会社に黙ってやった事だから」みたいな言い訳は原則として通用しません。

にもかかわらず、民事訴訟が提起されたのはなぜでしょう?
…日興コーディアル証券が損害を賠償していたら、たぶん訴訟は起きていないでしょうね。

私は仕事で日興証券グループの人間と接触した事が何回かありますが、これほど身内に甘く他人に厳しい連中を見たことがありません。
この会社のどこがコーディアル(英cordial:心からの、親切な)なのか、私には全くわかりません。

地獄への道は、どうやらコーディアルな善意で敷き詰められているようです。
皆様もご用心下さい。

投資詐欺―身近にある罠から資産を守る法 (講談社プラスアルファ文庫)
詐欺を見破る魔法の計算式クロサギ公式ガイドブック (ヤングサンデーコミックススペシャル)
参考
(1)2006年12月16日読売新聞 
証券大手「日興コーディアルグループ」(東京都中央区)が虚偽の有価証券報告書を作成し、市場から500億円の資金を不正に調達していた証券取引法違反の疑いが強まったとして、証券取引等監視委員会は来週にも、同グループに過去最高の課徴金5億円の納付を命じるよう、金融庁へ勧告する方針を固めた (以下略)

(2)会社法
(ある種類又は特定の事項の委任を受けた使用人)
第十四条 事業に関するある種類又は特定の事項の委任を受けた使用人は、当該事項に関する一切の裁判外の行為をする権限を有する。
2 前項に規定する使用人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。