スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興特別所得税

最近12月決算の会社の配当金が届きまして、妙な端数が出ているなと思ったら、復興特別所得税でした。
今年以降債券の利息への税率が20.315%、配当への税率が10.147%になるという話です。
参考:日本証券業協会
それは仕方がないにしても、配当の軽減税率10%は今後も継続してほしいものです。異論はあると思いますが、株式の配当は不労所得ではありません。実際投資してみればわかります(笑)


 
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)が初回の分配

一部で「騙された」「詐欺」と不評のダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)ですが、初回の分配(半期:4カ月変則)として100万円につき2500円の分配金が届きました。0.25%という低い分配率ですが、元本割れすれすれの基準価格だったわけですから、ないよりマシというものです(タコ配はしない方針)。
私は残り2年半に期待したいと思います。


テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)

最近「グローバル・ハイブリッド証券ファンド 詐欺」とか「グローバル・ハイブリッド証券ファンド だまされた」というような検索ワードでこのブログにたどりつく方が多くなっています。
その背景として、昨年7月に大和証券が設定した「グローバル優先証券ファンド(為替ヘッジあり)」が約7カ月で+11%の実績を出しているのに、同コンセプトで11月に設定されたダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)が3ヶ月で-0%の状態になっているという状況があります。
前者の実績に釣られて後者の方だけ買った人ならば「お金返してぇぇ!」と言いたくなるのも無理はありませんね。

これについて大和証券の担当者に話を聞いたところ、
・欧州大手銀行の優先証券が投資対象なので、デフォルトリスクは殆どない
・優先証券の利回りは通常の債券より高い
・証券価格は経済情勢により上下するため、評価額が元本を割ることもある
・信託期間より短い証券で運用しているので、評価損は期間中に挽回できる

ということでした。

…このファンドが詐欺でないことを私が証明することはできませんが、通常の投資信託スキームで管理されている以上、いわゆる投資詐欺のようなことにはならないと思っています。買ってしまった人は俎の上の鯉の気持ちで待ってみたらいかがでしょう。



テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。