スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフオーアイのとんでもない粉飾上場

2009年に東証マザーズに上場した株式会社エフオーアイが上場約6カ月で突然売買停止になり、倒産しました。 (エフオーアイのサイト

ここまでの動き
  2004年    粉飾開始
  2009年?   東証に「粉飾」の内部告発、しかし東証はスルー

2009年11月   東証マザーズ上場
2010年 5月12日 証券取引等監視委員会の強制捜査
2010年 5月16日 会社が粉飾をカミングアウト 青字の事実が発覚
2010年 5月21日 破産申請
2010年 5月24日 管財人「調査中のため株主からの問い合わせには一切回答できない」 開示  

東証、エフオーアイを上場廃止 粉飾決算で6月19日 産経MSN
などの報道によれば、上場前から売上を偽装しており、売上のほとんどが偽装だったそうです。申請決算期である09年3月期は売上118億円のうち100億円程度が粉飾(47NEWS)だったとか。いやもう開いた口がふさがりません。
数年前にメディア・リンクス事件とかIXI事件というのがあって、ソフト会社は売上を偽装するのが易しいというイメージがありました。逆に物を作っているメーカーは大丈夫だと思っていたら、このありさまです。
こうなってくると何を信用すればいいんだか…。

これは私の想像ですが、証券取引等監視委員会が5月12日に強制捜査を行ったのはおそらく
・スルーできないほどの内部告発(たぶん)があって、調べたら十分クロだった
・今捜査しないと上場直前に株を買った株主のロックアップが外れて影響が大きくなる
 ということなのだと思います。とにかく今回は監視委員会GJ!と言っていいでしょう。

一方、怒りが収まらないのは虚偽記載に騙されて株を買った株主だと思います。
どこかの掲示板には「エフオーアイは××K FF NVESTORSの略称だ」みたいなことが書いてありました。私は株持ってないから笑いましたけど、株持ってたら笑えないですよね。
今回のような悪質な事件の場合、株主は
・会社の役員全員
みずほインベスターズ証券(主幹事)
桜友共同事務所(監査法人)
・ついでに東証
を訴えてもいいと思います。
特に主幹事と監査法人は共犯もしくは無能ですから、理論上責任は問えるはずです。


なおユーロ暴落の件については心の整理がついてから書きます。

スポンサーサイト

テーマ : IPO
ジャンル : 株式・投資・マネー

PANCHのP、プロパストが倒産

プロパストが民事再生法の適用を申請しました。負債総額は約554億円だそうです。(帝国
開示によれば大証の規則に基づく特例措置を利用、上場を維持しながらの再生を目指すそうです。再暴落と希薄化は避けられませんが、このスキームが実現すれば株主にとって一筋の希望となります。
もちろん通常通りの100%減資という可能性も十分ありますので、ご注意下さい。

さて、もうどうでもよくなった「あぶないディベロッパーの頭文字ゲーム」ですが、また更新します。
2008年末の予想

現状

P パシH
A アゼル
N 日本綜合地所
C クリード
H

P プロパスト NEW!
T 東新住建 
(想定外)
A 穴吹工務店 (非上場:想定外)

C 中央コーポ(想定外)
A
N ニチモ
D (ダイア建設:予想時すでに倒産)
Y

まあこんなのは長期間やっていればいつかは当たるわけですが、こうしてみるとHとYがしぶとくがんばっている感じです。なお、アルデプロは倒産こそしていませんが、3月に事業再生ADRを申請しました。一方コスモスイニシアは先月土地仕入れを再開したそうです。(開示)。




倒産した会社倒産しない会社の決算書(2010年版)

続きを読む

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

日本振興銀行に「報告命令」が出ていた (5/16追記あり)

時事通信4月30日
財務・業務状況の報告命令=日本振興銀の検査終了-金融庁
 金融庁が、中小企業向け融資などを手掛ける日本振興銀行(東京)に対し検査結果を通知し、財務・業務状況を確認するため、銀行法に基づく報告命令を発動したことが30日、明らかになった。同庁は検査結果を踏まえ、同行の報告内容を精査した上で、問題があれば行政処分も視野に対応する方針。
 金融庁は2009年5月に同行への検査に着手し、6月に立ち入り検査を開始。同年3月末時点の経営状況などを調べ、10年3月に異例の約10カ月間に及ぶ長期の立ち入り検査を終えていた。このほど最終的な検査結果を通知し、融資先企業の経営状況や保有債権の評価に関して問題点を指摘したとみられる。


私も最近知ったのですが、日本振興銀行という銀行に10ヶ月にわたる検査が入り、聞いたことのない「報告命令」が出ていたそうです。どちらも異例中の異例でしょう。日本振興銀行についてはよく知りませんが、5、6年前に設立された新しい銀行で、経営評論家の木村剛氏がオーナーであること、内紛があって役員が辞めたこと、破綻した商工ローンなどから債権を買い集めていることは割と有名です。あと、数年前に「上場するから株持って」みたいな話があったことは事実です(まだ上場していません)。
私はこの銀行とは何の取引もないのですが、これから取引しようという方は、何に対する検査で、何に対する報告だったのか確認した方がいいと思います。

そういえばこの前、郵便受けに日本振興銀行の定期預金のチラシが入っていました。通常の銀行と比べ高い金利で預金を集めているようですね。コスモ信用組合や木津信用組合に似ていると言ったら失礼でしょうか?




(注意:↑これは富くじの宣伝です。投資とは違います)

続きを読む

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。