スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資詐欺を避けることはできないのか

ワールドオーシャンファームの詐欺に関する情報を検索したらMoneyzineという投資情報サイトに「投資詐欺の実態 Vol.11 「巨額エビ養殖詐欺の巧妙なワナ」」という記事があったので読んでみました。
詐欺の手法を紹介した前半はともかく、後半については「ウソではないが役に立たない情報」の典型(失礼!)だと思ったので引用して紹介します。

引用
詐欺と健全な投資の見分け方
 さて、同社が行ってきたことをもう一度振り返ってみよう。
合法的な手続を用いるとともに、信用性を強化し、歩合制などを用いて紹介者や口コミ等により積極的な営業活動を行った、ということになろう。実は、これだけを見れば、健全な投資事業と何ら異なるところがないのである。

 また、そもそも投資は必ず成功するものではない。健全な投資事業も失敗に終わることは多々ある。というより、むしろ失敗に終わることの方が多いのではないか。世の中には、ハイリスク・ハイリターンの投資事業も星の数ほど存在している。

 もちろん、健全な投資事業と同社の詐欺事業とは、投資内容の説明に虚偽事実が含まれているか否かという点で異なる。同社では、実際にはエビ養殖の実体は存在していなかったとのことである。この点で、健全な投資事業と詐欺事業は性質を異にするが、第三者が外から見れば詐欺事業か否かは明らかではない。

 それでは、どのようにして詐欺と健全な投資を見分ければ良いのだろうか。
 エビ養殖の実体はなかったとのことであるから、厳密に調査を行ったり現地訪問を行えば詐欺の実態が明らかとなる? そんなことはない。フィリピンで行っている事業について、日本にいながら正確に把握することは困難であるし、実際に投資家が現地訪問を行ったとしても、本当にエビの養殖事業を行っているかはそう簡単には分かるものではない。

 現実にはリスキーな投資事業と投資詐欺を見分けることは非常に困難だ。投資事業の企画者自身が健全な投資事業だと思っていても、後になれば詐欺罪として立件されることもある。そのため、月並みなアドバイスで恐縮ではあるが、投資を行う際にはその出資金を失っても構わないという程度の投資に留めることで、リスクヘッジを図るべきであろう。
(以下略)

(引用ここまで。着色は「かげのきし」が行いました)

この文章、論理的には間違っていないのかもしれませんが、それでいいのでしょうか。

………。

      |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (・∀・∩< 「リスキーな投資事業」と「投資詐欺」、両方切ればいいんジャネ?
    (つ  丿 \_________
    ⊂_ ノ
      (_)


投資は医療や裁判ではないので、的中率の高い一定のルールで「これは詐欺」と判断した中に、「詐欺でない投資」が入っていても構わないのです。
ワールドオーシャンファームの場合、「生物への投資」「広告塔タレント」「コミッションで出資者募集」ということがわかった時点で「死亡フラグ(または妖怪アンテナ)が立った」と考え、投資検討を打ち切ればいいと私は考えます。
企業が行う投資事業と個人が投資する商品を同列に比較することは、個人投資家にはまず意味がありません。

そしてなにより私が驚いたのが引用文の最後の部分です。
「月並みなアドバイスで恐縮ではあるが、投資を行う際にはその出資金を失っても構わないという程度の投資に留めることで、リスクヘッジを図るべきであろう。」
↑私にはギャグで言っているとしか思えません。
「その出資金を失っても構わない」なんていう心境にはなれません。
この文章の筆者と私では「投資」の定義がかなり違うようです。
私の場合日本株もドル預金もユーロ建て債も金貨も、そして普通預金も「投資」と考えています。



欄外
投資詐欺を排除する初心者向けガイドライン (ctrl+Aで読みたい人だけ読む)
☆無免許の業者(未公開株業者etc)や非合法事業(非合法風俗店etc)は論外
☆動植物や鉱山への直接投資は100%詐欺と考えて構わない
☆個人等を代理店にして手数料を払う投資は詐欺と考えて構わない(含:ネットワークビジネス)
☆狭義の金融機関以外で取り扱わない商品は怪しいことを前提に検討すべし
☆運用会社と財産保管会社が同じ商品は危険
☆確定利付きで国債より利率が1%以上高かったら警戒せよ
☆賞味期限切れの芸人が宣伝に出てきたら警戒せよ
☆自分で理解できない商品は検討対象から外せ(デリバティブ等)
☆未上場株は会社見学+決算書入手のあとで検討すべし
☆借用書なしの無担保融資はやめろ
☆個人に金を預けるな
☆パチンコやパチスロは投資ではない
 (他にもあるかもしれませんがとりあえずこれだけ)

このスクリーニングでも「詐欺」と「健全な投資」を見分けることはできませんが、この程度のことを考えるだけでも、詐欺や事件に遭う確率がかなり減ると思います。



スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

捕まる未上場株業者の理由

yomiuri online
未公開株を「必ずもうかる」と売る、会社社長ら5人逮捕
 「上場すれば必ずもうかる」と偽り、上場予定のない企業の株券を売り付けていたとして、警視庁は22日、東京都千代田区の経営コンサルタント会社社長、貴戸英明容疑者(58)ら5人を詐欺容疑などで逮捕した。

 貴戸容疑者らは、退職金などを受け取って資金に余裕のある中高年者らを狙い、数百人から総額5億円以上を集めたとみられる。
貴戸容疑者は指定暴力団山口組の組織と関係が深く、組員が投資の勧誘にも関与していたことから、同庁は資金の一部が山口組側に流れた疑いもあるとみて捜査している。

未公開株業者(もちろん非合法)が扱う「公開確実な未公開株」は星の数ほどありますが、今回問題になっている「イー・バイオ」という銘柄は聞いたことがありません。実際今日ネットで検索したら、ほぼ新聞記事しか出てきませんでした。なんか不自然ですね。

これは私の想像ですが、この会社が他社を差し置いて?刑事事件となったのはやっぱり上の赤字部分が原因なんでしょうね。以前新聞記者に聞いたんですが、違法業者を全部捕まえることができないような場合、警察の観点で一番「危ない」もしくは「社会的影響が大きい」と思った業者から挙げていくんだそうです。
本件もそうなんじゃないかと思います。

なお、イー・バイオのサイトはもう見られなくなっていますが、海外の「サイト保存サイト」にページの写しが見つかったので、参考のためにアドレスを載せておきます。
トップページ 会社概要

それにしても、未公開株業者の商材は、産廃とか環境とかリサイクル関連が多いですね。
何故なんでしょう。


テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

あぶない「3L」「USA」「JAPAN」

私は不動産業界には詳しくはないんですが、せっかくtakesita2008様にコメントをいただいたので、
不動産会社の倒産」について書いてみようと思います。
さて金曜日に倒産したゼファーとキョーエイ産業がそうであるように、最近倒産したり倒産がが噂されている不動産会社は主にマンションデベロッパーです。
去年の後半か今年の頭くらいでしょうか、首都圏でその融資が下りにくくなっているという話が伝わってきました。門外漢の私に伝わってくるということはそれより前からそういう傾向だったんでしょう。私がその話を聞いてまもなく、横浜の売上100億程度のディベロッパー(非上場)が3社ほど倒産しました。

次に、危ないと思われる上場デベの頭文字を使った言葉遊びが始まりました(赤は倒産)。
・横浜の3L(ランド、ランドコム、エルクリエイト)
・USA(アーバン、スルガ、アルデプロ)
・USJ(アーバン、スルガ、ジョイント)
・JAPAN(ジョイント、アルデプロ、パシマネ、アーバン、ニチモ 諸説あり)

8月16日追記
上記の「3L」「USA」「USJ」「JAPAN」は言葉遊びやネット上の噂です。名指しされた企業について具体的な根拠で倒産を予言・予測するものでははありません。

こういった中でtakesita2008様はアーバンとランドコムに注目されているということでしたが、私もランドコムには注目していました。
なぜかというとランドコムは先月すでに期限の利益を喪失しているからです。 (6/28リリース
発表によれば、期限の利益を喪失したのは第1回無担保社債(1億)第2回無担保社債(1.2億)なんですが、これはかなり大変なことです。どこか1社との取引で期限の利益を失った場合、金融機関全社の期限の利益を失うことに通常なっているからです。(★用語解説)
もし仮に他社の融資についてはデフォルトしていないとしても、金融機関に対する信用は低下しているはずです。

ランドコムは不死身なんでしょうか?



★用語解説(読みたい人だけctrl+Aで読む)
すごくおおざっぱに言いますと
「期限の利益」とは、返済期限までお金を借りていられる権利のことです。
「期限の利益の喪失」とはその権利を失って、お金を即返さなければいけなくなることです。
(「デフォルト」もそれに近い意味があります)
通常日本では、どこか1社との取引で「期限の利益」を失った場合、金融機関全社の期限の利益を失うことになっています。
例えば
・A銀行の利払いができなくなったら…
→A銀行は利子だけでなく貸した金全額を即刻返済するよう要求ができる
→B銀行やC信金やDリースも貸した金全額を即刻返済するよう要求ができる
ということです。

だから期限の利益喪失はその会社にとって大事件です。


テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

預り金を着服した投資用マンション業者

最近不動産、とくにマンションデベロッパーといわれる業者が次々倒産したり経営危機に瀕しているようです。
昨日もまた1社倒産が出たようですが、それがどうやらひどい話のようなので調べてみました。
以下は「不動産ここだけの話」(takesita2008様)からの引用です。

またマンションデベロッパー倒産です。「大阪」 (株)日本インベスト。マンションを投資家向けに営業するタイプの業者。いかにもつぶれそうなビジネスですね。負債は約30億円。そして悪徳ぶりが・・・。入居者から得た家賃収入の半分以上にあたる約5千万円をオーナーに支払っていないことがわかった。同社は「資金繰りが悪化したため、運転資金に使ってしまった」と流用を認め、全オーナーとの契約を一方的に解除した。 オーナ...倒産:悪徳日本インベスト


一応裏を取るために他のソースを確認したら、朝日新聞(関西)に記事がありました。
投資マンションの収入を運転資金に流用 日本インベスト
同社の多田幸輔社長は朝日新聞の取材に対し、「手形の決済が迫っており、手をつけてはいけないお金に手をつけた。オーナーには迷惑をかけたが、一切私的流用はなかった」と説明。

こ れ は ひ ど い 。

何が「私的流用はなかった」なのか私にはさっぱりわかりません。

本当にひどい話ですが、世の中にはこの手の事件があきれるほど繰り返し起こっています。
投資用マンション、FX、エビ養殖…。
そういうリスクは、運用する業者と運用する財産(&運用収入)を別にすることによって回避する以外にありません。取引所で売買できないような独特の投資商品を買う際には、運用業者の財産と自分の財産が厳しく分別されているかどうかをチェックしてみることをお勧めします。
不動産投資を悪く言うわけではありませんが、分別管理という点においては証券業界のほうが進んでいるのではないでしょうか。 参考 過去記事

なお余談ですが、某大手ベンチャーキャピタルや生損保系ファンドがこの会社の株主になっているようですが、彼らの保有株式は倒産で見事に紙くずになりました。専門のスタッフを擁して合法的に未上場株投資をやっているベンチャーキャピタルや生損保ですらこういうふうに失敗しているわけですから、どうでもいい小金持ちのあなた(失礼!)に「絶対上場する未公開株」など回ってこないと思って下さい。 過去記事




テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

あいつもこいつも詐欺の一味

以前から問題になっていたエビ養殖詐欺がついに立件されたようです。

産経ニュース 
エビ養殖のワールドオーシャンファーム、黒岩会長を逮捕 警視庁など エビ養殖のワールドオーシャンファーム、黒岩会長を逮捕 警視庁など

エビ養殖事業に投資すれば高配当を得られるとして、多額の資金を集めた投資会社「ワールドオーシャンファーム」(東京都台東区)による詐欺事件で、警視庁と兵庫県警などの合同捜査本部は2日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで同社会長、黒岩勇容疑者(59)を逮捕した。他に同社幹部ら17人の逮捕状も取っており、順次逮捕する方針。

別の報道(gooニュース)で黒岩容疑者は「エビ養殖の実態はなかった」と言っているので、さすがに冤罪ということはないでしょう。

本件は以前の記事に語ったとおり「農林漁業の投資話は100%詐欺と思え」という典型的な例ですが、私が驚いたのは
組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)」と「同社幹部ら17人の逮捕状も取っており、順次逮捕する
という部分です。

組織犯罪処罰法ってこういう事件にも適用されるんですね。
私は法律のプロではないので、マル暴対策の法律だと思っていました。
それにしても逮捕者18人で「だますつもりはなかった」はないでしょうw

画像はアフィリエイトであり記事とは関係はありません。

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

加藤茶が未公開株で大損

加藤茶未公開株で約5000万円損したそうです。
デイリースポーツonlineの記事
報道によれば、加藤は06年、タレントの小野ヤスシらとともに、IC製造・新潟精密の株3万株を1株1600円で購入。「上場すれば10倍になる」という触れ込みだったが、同社は今年1月に倒産したという。

この事実をどう解釈するかという話ですが、
加藤茶は大金持ちだから騙す人が寄って来た」
とする考え方と
加藤茶のようなステータスの高い人ですら、おいしい話にありつけるとは限らない」
という考え方があると思います。

私は後者です。
加藤茶はどうか知りませんが、本当のお金持ちには知性と調査力があるので、騙すのは結構難しいんです。しかもお金持ちはお金を持っているwので、結構反撃力があるんですよ。法的手段とか経済的制裁とかいろいろ。
だから、職業詐欺師は貧乏人(とか庶民とか田舎の小金持ちetc)を大量に騙す方を選ぶんだそうです。

うだうだ語ってきましたが、何を言いたかったかというと
「あなたに回ってくる未上場株の話はほぼ全部詐欺」
ということです。
くれぐれもご注意下さい。
詐欺師は捕まっても、お金は返ってきませんよ。

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。