スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リソー教育が売上過大計上~塾は大きくなると…

学習塾のリソー教育、売り上げ83億円水増し 読売新聞
 東証1部上場の「リソー教育」(東京)による粉飾決算問題で、同社が設置した第三者委員会は10日、同社が過去6年間に売り上げを計約83億円水増ししていたとする調査結果を公表した。  引用ここまで
リソー教育のIRページで開示資料(P10)を見たところ、売上の不適正計上額(水増し額)は平成20年からざっと4億、6億、10億、13億、17億、19億、で昨年は半期で13億。少子高齢化が進む中で、水増し額だけは順調に拡大してきたようであります。今回水増しをカミングアウトした原因がもし内部告発でないとすれば、社内で「もうどうにもならない」というコンセンサス(笑)が形成されたのでしょう。
「昔どっかのN○VAでもこういう話があったなー」とちょっと思いました。

この件で損した投資家の皆様を助けることはできないんですが、過去の職業体験からこの業界について一言申し上げておきます。
世の中の塾というのは、大学生が頼まれて子供を教えていたら旨く行ってそのまま起業しちゃった、みたいな経緯で始まることが少なくありません。前金制の上に投資額が少ないから初期段階から黒字化するんですね。そういう先生が「学校という世界」しか知らないまま経営幹部になって行きます。
そのせいかどうかわかりませんが、大きくなっていくと意外なスピードで停滞とか崩壊が始まります。その昔多店舗展開していた神奈川のF学院とか埼玉県のY義塾みたいな地域の大手も傾き始めたら早かったように思います。
どうして前金制で設備投資も少ないのに潰れるの?と考えてみたのですが、やはり講師上がりの幹部が多くて経営力が弱いから、としか思えません。
そういうわけですので、このセクターへの投資を検討する方に対しては、「売上水増しと経営力に注意」と申し上げておきます。

…では今後も株式投資をする皆様に、市場に住む悪魔のご加護がありますように。

スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

日興証券執行役員が韓国人にインサイダー情報を漏洩して有罪判決

昨年「日興証券執行役員が韓国人にインサイダー情報を漏洩して逮捕」という不祥事がありましたが、この元役員に一審で有罪判決が下ったそうです。当り前ですね。

産経web 日興証券元役員に有罪判決 損失穴埋めにインサイダー取引 横浜地裁 
SMBC日興証券(旧日興コーディアル証券)が関わった株式公開買い付け(TOB)をめぐりインサイダー取引をしたとして、金融商品取引法違反の罪に問われた同証券元執行役員、吉岡宏芳被告(52)の判決公判が30日、横浜地裁で開かれた。朝山芳史裁判長は「インサイダーを教唆して実行させた」として、吉岡被告に懲役2年6月、執行猶予4年、罰金150万円(求刑懲役3年、罰金300万円)を言い渡した。


上の記事を読んでみると、損をさせた顧客にいわゆる「損失補てん」の目的でインサイダー情報を漏らしたそうです。もしそれが業界でよくあることだというなら、私もいつかは大口客になって損失補填されたいものです。
…できればインサイダー以外の方法で。

関連記事:
身内に優しい日興証券 
日興証券の元職員が詐欺容疑で逮捕


              
          

続きを読む

テーマ : 防犯・防災
ジャンル : ライフ

三菱証券の支店に行ってきたら

先日三菱証券の取引店に行きました。カウンターに50代くらいの女性が出てきたので、
・保有している○○の時価と売却方法の概要を教えて下さい。
・今般、口座維持手数料の徴収を断念したのはどういう趣旨ですか?
と尋ねました。そうしたら
「調べますのでお待ちください」
「何の話ですか?」
みたいなことを言われて驚きました。
目の前のPC端末はお飾りなのでしょうか?

誰もいなくなったカウンターでじっと待っていたら、数分後に名刺を持った社員風の人が出てきて詳しく説明してくれました。最初からこの人出してくれたら話が早かったのに…。
最近リアル証券の店頭で、こういった派遣まがいの人に遭遇するケースが増えてきました。バイトであれ正社員であれ、こういう「店員」は顧客の特性など理解できません。関わったら大幅な機会損失になりますので、全力でお断りする必要があります。

…では皆さん、 Good luck!



テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

三菱証券が口座維持手数料導入を断念

最近三菱UFJモルガン・スタンレー証券(長いよ)からDMが届きました。
昨年から予告してきた「口座維持手数料有料化@零細個人は3000円」を断念したそうです。
過去記事
きっと、予想した以上に悪影響があったんでしょうね。

零細個人を切りたかったら、破綻した山一証券の店を引き継いだメリルリンチ日本証券みたいに口座手数料を5000円くらい取って、コンサルティング営業(笑)と称して投信を無理やりプッシュすればいいんですよ。
…そういうことをやると数年くらいで店じまいになりますが。  (追記※)


続きを読む

テーマ : つぶやき
ジャンル : 株式・投資・マネー

急成長企業のオーナーに脱税容疑

「ほけんの窓口」前社長、在宅起訴へ 逮捕の会社員は複数に脱税指南か 産経より引用
来店型保険ショップ「ほけんの窓口グループ」創業者の今野則夫前社長(58)に脱税を指南したとして、東京地検特捜部が消費税法違反などの疑いで逮捕した不動産会社社員、石沢靖久容疑者(50)=東京都中央区=が複数の知人らに脱税を指南した疑いがあることが判明。特捜部は今野前社長を在宅起訴する方針で、不正認識の裏付けを進めるもようだ。
 以下略

ほけんの窓口グループ(旧・ライフプラザホールディングス)というのは主に生命保険の来店型店舗を運営する会社です。ここ数年は急成長の連続で順風満帆でしたが、オーナー社長個人の脱税疑惑が報じられて大変なことになりました。この事件で社長は辞任しましたが、大幅なイメージダウンになったことは間違いありません。もちろん上場もオーナーが株を手放さない限りほぼ不可能です。

そんな報道の中で私が重視しているのは、この事件をきっかけに明らかになってしまった同社(もしくは代理店各社)の営業方針です。
ゲンダイネットより引用
事件に関連して、この会社が、手数料やバックマージンの率がいい商品を優先的に販売していたことが分かった。保険の紹介が「公平」「中立」とは名ばかりだとバレてしまったのだ。
ダイヤモンド・オンラインより引用
ソニー生命同様、アリコの手数料とインセンティブを試算すると、こちらはさらに高額で、驚きの金額となる(試算方法や金額の詳細は、『週刊ダイヤモンド』3月9日号の第1特集「もう騙されない保険選び」をご覧ください)。
 もちろん、これだけの金額を支払う以上、アリコが希望する商品を販売しなければならないことは言うまでもない。


あーやっぱり、という感じです。代理店とか小売店というものは商品にマージンを乗っけて売るビジネスですが、客に合った商品でなくマージンの大きな商品を売っていたという話。
要するに頭でも体でも、弱い者は強い者の養分にされる、ということです。皆さんもご注意ください。


テーマ : 防犯・防災
ジャンル : ライフ

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。