スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずほ銀行幹部が本店会議室で投資詐欺→逮捕

また大型の投資詐欺で逮捕者が出ました。
銀行員が架空の投資話で資産家・有名人から計数十億円をだまし取ったという事件です。

みずほ銀元幹部ら3人逮捕=架空投資話、1億円詐取―被害総額数十億円か・警視庁- 時事通信
(2015年3月24日19時01分) より引用
みずほ銀行の金融商品を装った架空の投資話で顧客の男性医師(45)から現金1億1500万円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課などは24日、詐欺容疑で、元同行幹部及川幹雄容疑者(51)=東京都足立区千住=ら男3人を逮捕した。同課によると、及川容疑者は容疑を認め、2人は否認しているという。

「特別な顧客にだけに」みずほの看板悪用、本店応接室で勧誘…WBC元王者も詐欺被害- 産経ニュース
(2015年3月24日19時08分) より引用
平成23年5月、及川容疑者はこの応接室で男性医師に話し始めた。「みずほ銀行の特別な顧客にだけ紹介している商品がある。みずほの顧問税理士が考えたスキームで絶対安全。元本はみずほが100%保証する。解約はいつでも可能」。名刺には「審査役」の肩書。

記事では「元幹部」になっていますが、犯行当時は現役です。銀行幹部が本店の応接室を使った詐欺事件で、被害者にはちゃんとお茶まで出たそうです。
産経の記事によれば、WBC元王者というのは薬師寺保栄氏で、1億3千万円もいかれたそうです(去年の記事
薬師寺氏は人を介して行員の在籍を確認までしたそうですから、落ち度はないと思います。
普通の「籠脱け詐欺」というのは銀行と関係のない人が銀行の会議室をこっそり利用する手口ですが、この事件は容れ物も人も本物なんですから、そう簡単に見破れません。

薬師寺氏は容疑者と銀行を相手に民事訴訟を起こしているそうですが、これは銀行が連帯責任を負わねばならないケースだと思います。難しい法律論はともかく、これで銀行が免責されるなら頭取(代取)か支店長(支配人)が実印と印鑑証明持って来るまで信じてはいけない、という話になってしまうからです。
原告側弁護士の皆さん、ぜひ頑張って下さい!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 金融機関の不祥事
ジャンル : 株式・投資・マネー

投資あるある(優先証券ファンド編)

大和証券が発売した「グローバル優先証券ファンド」(為替ヘッジあり)はほぼ元本保証なのに、年率10%近いリターンを叩きだしています。
この成功に気をよくした?大和証券はダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)グローバル高格付優先証券ファンド(為替ヘッジあり)等を発売し、そこそこの実績を出してきました。
ただこれ、ミニマムベットが300万円なんですよね。
それで去年、1000円からでも買える「ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンドⅡ(為替ヘッジあり)」が発売されました。
ところがですね、これだけが現在元本割れ(笑)

大和証券がたいして大きくもないファンドで損益の付け替えをやってるとは思わないんですが、庶民向けのファンドほどコケ易いような気がしますねー。

NISA口座を作ってみました

某証券の営業マンに頼まれて私もNISA(少額投資非課税制度)の口座を作りました。

営業のトークによると
・毎年100万円の株式or株式投信のキャピタルゲインが5年間非課税になる
・投資できそうなものがなければ投資しなくてもいい
・1人1口座しか作れないから、金融機関が口座の奪い合いをしている(プレゼントあり)。
 ということです。
(正確な情報は金融庁のサイトでご確認下さい。)

ここで問題になるのは「投資する時点ではどれが儲かるかなんてわかるわけがない」ということです。例えばNISAの対象とした商品が赤字で別の証券会社の商品が黒字だったら税制の恩恵はないわけですが、そもそもキャピタルゲインの出る株式or株式系投信を選定できるなら苦労はないですよ。

そうしてみるとNISAというのは、株式投資に振り向けられるタネ銭が100万円前後の人向けの優遇制度なのではないかと思います(勝手な推測)。そういう人だったら株式ポートフォリオが全部対象になるからメリットあると思いますが、ご予算がもっとビッグな人にはあまり恩恵がないと思います。

なおNISAについては複数口座の容認や、株式以外の投資も対象とする動きがあるようなので、マスコミ発表にご注意下さい。(参考:産経新聞

では…証券投資をする皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。


テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

MRIインターナショナル事件が勃発!

今週、久々にガツンとくる投資トラブルが発覚しました。
「MRIインターナショナル事件」です。

証券等取引委員会の発表
MRI INTERNATIONAL,INCを調査、金融庁に行政処分を勧告
理由
・集めたお金の分別管理ができていない
・集めたお金を運用せず配当&返済に充てている
・パンフ通り運用した事実がみられない

◆マスコミ報道の内容
・日本の投資家から預かった1300億円が消えた恐れがある(時事通信

金融庁の処分 
・MRI INTERNATIONAL,INC の金融商品取引業登録を取り消した。
・業務改善命令を出した

★私の予断に基づく判断
・最初から日本人を狙った意図的な詐欺。
・預けた金はほぼ全額騙し取られた。
・犯人を罰することができても、消えたお金は戻らない。

本件は100%犯罪と決まったわけではありませんが、各種発表を見る限り典型的なチャリンカー詐欺です。
石川五右衛門ではありませんが、「浜の真砂は尽くるとも、世に盗人の種は尽きまじ」であります。

しかし不思議に思うのは、MRIはどうやって短期間に1300億円もの資金を集めたのか?ということです。
MRIのサイトは封鎖されていたのでwayback mchineで見てみましたが、こんなサイトだけで1300億円集まったのでしょうか?
あくまで私見でありますが、こういう事件を抑止するためには、事件に関与して利益を得た者に対し刑事罰を下すことができる法整備が必要です。和牛商法事件では広告塔を務めた海江田万里氏(現民主党代表)を被告とする民事訴訟が提起されていますが、それだけでは手ぬるいと思います。

テーマ : 防犯・防災
ジャンル : ライフ

グローバル優先証券ファンド(為替ヘッジあり)が絶好調

昨年夏に買った大和証券の投信「グローバル優先証券ファンド(為替ヘッジあり)」が望外のパフォーマンスでホクホクしています。
設定後半年で基準価格11%上昇+2.5%分配ですよ彡☆
残り2年半もこのペースで突っ走ってくれと願うばかりです。

じゃあ優先証券ファンドなら何でも良かったのか?
…とは言い切れません。
その約4ヶ月後に設定された「ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)」は現在も原点10,000割れの状態です。
この4カ月で何が起こったんですかね?
それはともかく、
証券投資をする皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。


テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。