スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税制改正の前に駆け込み売却

来年の頭から新税制が施行され、債券の利子・売却損益まで含めた総合課税になります。
(詳しくはみずほ証券参照のこと)
これを受けて、個人が含み益のある外貨建債券を売却しているそうです(某証券営業マン曰く)。
…まあ当り前です。今まで利付債券の売却益は非課税でしたから。

この改正は個人的に色々残念ですが、今まで運が良かったと考えるべきでしょう。
投資に必勝法はないし、勝ちパターンは長続きしないものです。

これからも証券投資を愛する皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。

スポンサーサイト

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

大和証券が小口投資家向けの優先証券ファンドを募集

また大和証券が優先証券ファンドを出すそうです。(大和証券公式サイト
この「ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンドⅡ」というのは過去3本の優先証券ファンドとほぼ同様の商品なのですが、大きく違う点は投資金額の下限が1000円だということです。これまではミニマム300万円でしたから、小口投資家にとっては良いニュースだと思います。
…運用成績が前と同程度ならいいんですけどね。

優先証券ファンド 過去記事 (1) (2) (3) (4) (5)

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

安藤証券のスペイン国債(ゼロクーポン)

参考記事
スペイン国債が格下げ
安藤証券のスペイン・イタリア国債(追記あり)
スペイン国債(ゼロクーポン) その3

これまで安藤証券のスペイン国債(割債)についていろいろ書いてきましたが、最近この商品がやっと暗いトンネルを抜けたようであります。
安藤証券の債券のページを見ますと、売値が額面の33%になっています。最悪期はこれが20を切っていたわけですから、大復活と言っていいでしょう。
私は投資した時期が良くなかったのであまり儲かっていませんが、最悪期に勇を鼓して投資した皆さんは十分に報われていることだと思います。

…今後も証券投資を続ける皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

たまには嬉しいこともある

昨年の今頃店員に勧められて半信半疑で買った「グローバル優先証券ファンド(為替ヘッジあり)」が望外のパフォーマンスになっています。(過去記事)(大和投信のページ
1年経過時点で基準価格が11,318ポイント(13%上昇)+分配金が税前5.5%です。元本リスクの低い商品でこのパフォーマンスは大したものです。

一方、その4か月後に発売された「ダイワ・グローバル・ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)」は8か月経過時点で基準価格が 10,413ポイント(4%上昇)+分配金が税前0.25%です。(大和投信のページ
まあなんとか買い手数料の3%をクリアしましたが、前者のパフォーマンスを見せられて後者だけ買った人は「騙された」という感があるでしょうね。
処分するという手もありますが、私は今後に期待しようと思います。

…証券投資をする皆様に、市場に棲む悪魔のご加護がありますように。

テーマ : 外貨建社債で中長期運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

残念ながら

新生銀行の劣後債(利率3.59%)取れませんでした。
太い客でも美味しい客でもないから、仕方ありませんね。
それにしても新生銀行、これだけの金利で調達して何をするんでしょう?
やっぱり消費者ローンですかね。

ちなみに来月にはソニーとソフトバンクが普通社債を出すそうです。(参考:大和証券
6月はボーナス月ですから、この他にも個人向けでいろいろ出ると思います。





テーマ : 円建社債
ジャンル : 株式・投資・マネー

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
フリーエリア
最近のコメント
楽天オークション
フリーエリア
a
月別アーカイブ
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
ブログ内検索
最近のトラックバック
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。